ショッピングでのクレジットカード&後払い活用法

2019年10月にスタートした消費税増税後には「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)」が始まり、ますますキャッシュレス化が進む日本ですが、クレジットカードを使わない主義の人にとってはちょっと戸惑いを覚える展開なのではないでしょうか?現金払いって確かに、お得ではないものの管理がしっかりできるし、「お金を使っている&お買い物をした感」が感じられて、こだわる人の気持ちも筆者は分かります。

でも、クレジットカードがお得

しかし、そんな筆者はクレジットカードのヘビーユーザーで、コンビニでも何でも、よほど忘れたとか少額でない限りはクレジットカード等の電子マネーしか使いません。やっぱりクレジットカードの還元率って見逃せないお得さだからです。クレジットカード決済にするだけで、お買い物すると自動的に1%~数%還元される(=安くなる)のだから、長い目でみたらかなり大きな違いになるのではないでしょうか?

それに今は、クレジットカード自体の還元に加え、クレジットカードとリンクさせた「Suica」や「ICOCA」「nanaco」「WAON」などの電子マネー、「PayPay」や「楽天ペイ」「d払い」などのコード決済を利用することで、様々なサイトのポイント還元という形で、支払額の3~5%を容易に節約できるようになっているのです。スーパーでも電子マネー決済だと5%オフですね。勉強して損はないですね。

後払いシステム

ECサイトでのショッピングで、クレジットカード以外の決済方法として最近広まってきているのが「後払いシステム」です。その名の通り、後払い決済とは、ユーザーが購入した商品の支払いをコンビニで後払いできるというサービスです。クレジットカードを持っていない層にもECサイトでのショッピングが可能になるというわけです。また、普段は利用しないECサイトでショッピングをした場合でも、実際に商品が届くのか、それも含めたサービス内容は満足がいくものなのかどうか、など不安に思うものですが、商品が届いた後に代金を支払えるので、安全性が高いという見方もできます。また、ECサイト運営企業側としても、後払い決済サービス提供会社が代金を立て替えてくれるため、未回収リスクがなくなるためありがたいという仕組みになっています。

2つとも便利で、クレジットカードなどはお得感が大変高い決済方法ですが、使いすぎには注意しましょう!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*